free
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

Tips 植え替えせず「植物をプラ鉢のまま落とし込む」方法のすゝめ

0円

送料についてはこちら

植え替えせず「植物をプラ鉢のまま落とし込む」方法のすゝめ 植物を購入後、「お気に入りの鉢に植え替えなければ」と、すぐに植え替えをする方も多いのではないでしょうか。しかし、あえて植え替えをしないという選択肢もあります。如雨露ではむしろ、鉢への植え替えを推奨していません。理由は3点あります。 1.植物にとって、植え替えは大切な根を触られる大事件です。正しい方法と時期に行わなければ、その後のトラブルにも繋がります。そのため、如雨露では別コラムで紹介している通り、必要に迫られない限り植え替えせずに購入時のプラ鉢で管理します。 2.良質な観葉植物を提供して下さる生産者様の多くは、土に強いこだわりを持っています。土を独自にブレンドし、理想的な環境を作ることで品質の向上を図っています。一方、観葉植物を購入された方が植え替え時に使用する土はどうでしょうか。 3.植木鉢に植え替えをしてしまうと、最低でも1年後の植え替え時まで鉢を変えて楽しむことが出来ません。 如雨露がオススメする、「植物をプラ鉢のまま落とし込む」方法であれば、自分好みの鉢にいつでもプラ鉢のままスポッと入れることが出来ます。底穴のない植木鉢であれば植物をプラ鉢のまま入れるだけ。底穴のあるプラ鉢なら、インナーポットに入れてから入れるだけと非常に簡単です(画像参照)。植物を元気な状態で保ちつつ、好きな植木鉢を選べ、しかも手間いらずと一石三鳥です。

セール中のアイテム