free
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

Tips 水やりで気を付ける事 その2適量を見極める

0円

送料についてはこちら

水やりで気を付ける事 その2適量を見極める 水やりは基本的に鉢底から流れ出るまでたっぷりと行い、受け皿に貯まった水は捨てることが大切です。 しかし、大きな鉢は受け皿の水を捨てるのが大変だったり、鉢カバーに入った状態では水が見えにくかったりもします。 その時は、まずその鉢の水の適量を確認してその量を把握した上で水をあげる方法を取りましょう。 (土が乾いた状態を確認。水遣りの水量を計量できる容器を用意する。その容器で少しずつ水遣りをする。鉢底から水が少し染み出て溜まらない辺りの水量をメモする。これを品植物ごとに行う。) とはいえ、基本は鉢底から流れ出るほどが目安です。水をしっかり流し、土の中に新鮮な空気を行き渡らせる、重要なポイントです。

セール中のアイテム