free
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

Tips 水やりで気を付ける事 その3植物の性質や季節によって頻度を変える

0円

送料についてはこちら

水やりで気を付ける事 その3植物の性質や季節によって頻度を変える 生育期にあたる春から秋は、植物もたっぷりの水を必要とします。加えて、土も乾きやすいため、気づいたときには水切れしていたという方も多いはず。 長期間目を離すことのないように、土の具合をしっかり見ながら、水を与える習慣を身につけましょう。(この時期に長期間留守にする場合は越水管理で凌ぎましょう。) 一方、晩秋から冬の間は、生育もゆるやかになり休眠に入る植物もあります。土はやや乾燥ぎみを心がけ、水やりは暖かな日中に行うなど根腐れしないように注意しましょう。 極端に気温が低くなる地域では、水を人肌ほどに温めてから水遣りすることも必要になります。

セール中のアイテム