free
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

Tips 育て方の説明書きに注意

0円

送料についてはこちら

育て方説明書きに注意 水やりの回数やタイミングは、植物の種類や鉢のサイズ、土の量、置き場所などによって変わってきます。 各品種の説明札や、検索ページには「○ヶ月に○回」と記載してあるものもありますが、これはあくまで目安です。はじめは、その説明に沿った管理で問題はありません。 しかし、説明通りに水遣りをしているのに、次の水遣り前に土が乾いて、葉がグッタリしてしまうようなら回数を増やしてみましょう。 逆に、次の水遣りの時になってもまだ土の表面が乾いておらず、土が水を含んで重いようなら水遣りの間隔を長くしてみましょう。 土が乾いたかどうかを調べるには土の色の変化や、重さから判断できます。 乾いた土は白っぽくなり、さらに乾きが進むと鉢と土の間に隙間ができたり、土の表面にひびが入ったりします。 重さは、水をたっぷり与えた後の鉢を少し持ち上げてみて、その時の重さを覚えておくと良いです。 表面の土が乾いて見えても、鉢の重さが水遣りをしたばかりのタイミングとあまり変わらない様であれば、急いで水を与える必要はありません。 その場、その植物に合った水遣りができるようによく観察してみてください。 目安とは全く違う水やりだとしても、そのやり方で植物が元気でいるなら、それが ”その場その植物にあった水やり”ということになります。 難しく感じるかもしれませんが、植物の管理方法に明快な答えはありません。育てる一人一人が、気付き、学び、共生する術を身に着けて行く他ないのです。

セール中のアイテム